外科

外科

特徴

当院は、外科系の主要学会である外科学会、消化器外科学会、乳癌学会、内分泌外科学会の施設認定を取得しております。施設認定には、常勤の専門医、指導医がいることが必要で、各学会の専門医、指導医認定には、多数の症例の治療経験と研究成果の発表が必要であり、その分野のエキスパートと言えます。病気には、ターニングポイントがあり、そのポイントに専門医がいると予後が大きく変わってくる症例が多数あります。当院には、複数の外科学会指導医、専門医、消化器外科学会指導医、専門医、内分泌外科学会専門医、乳癌学会専門医が在籍しており、非常に微妙な判断を求められる症例でも、的確な治療選択を行っております。  

特に、癌診療において当院は,地域がん診療拠点病院であり,胃,食道、大腸、肝臓、膵臓、胆道(胆嚢を含む)など,消化器癌手術におけるエキスパートが多数おります。昨今は大腸癌をはじめとする消化器癌手術全般に内視鏡手術を取り入れており、これによって、患者さんに低侵襲で、より早期の退院を可能にしております。さらに,乳癌、甲状腺癌などについても,熟練した外科医がおり,数多くの手術を実施しており、術後の治療に関してもガイドラインを遵守して化学療法,ホルモン療法、放射線治療を組み合わせて最適な治療を行っております.進行再発癌に関しては,手術,薬物療法,放射線治療の適応や順序を検討しながら治療法を検討し,患者さんが長期にわたって良好な状態を保てる治療を心がけております.外来化学療法室や緩和医療科との連携もスムースで,包括的な癌診療を行っています.  

良性疾患の手術に関しては,(腹腔鏡下)胆嚢摘出術,短期入院での鼠径ヘルニア手術(1泊2日)や虫垂炎に対する(腹腔鏡下)虫垂切除,内痔核硬化療法(ジオン四段階注射法)も数多く行っています.  

血管外科を専門とする医師もおり,定期の手術はもちろんですが,腹部大動脈瘤破裂や,急性動脈閉塞症対する緊急手術にも対応します。下肢静脈瘤の手術やフットケアもおこなっています。  

また、当院には一関市内の手術が必要な救急患者はほとんどが搬送され、大きな緊急手術にも対応しております。特に消化管穿孔は致死率が高いのですが、適切な手術とPMX等の血液浄化装置を用いた集中治療、適切な術後管理、また、他院であれば培養に2-3日かかる起炎菌の同定をグラム染色にて行うことにより寸時に起炎菌を判定して的確な抗菌薬投与を行い、多くの患者さんを助けていると自負しております。

診療内容

1)胃癌
最新の胃癌治療ガイドラインに従って、早期(粘膜癌で内視鏡治療適応のもの)であれば消化器内科で内視鏡治療を施行します。ESD(内視鏡的粘膜剥離術)をはじめとした、患者さんに低侵襲な治療を優先に施行しますが、やはり手術を避けられない症例は多数存在します。早期癌の症例については腹腔鏡手術を第1選択とし、進行癌についてはガイドライン上の郭清範囲を守った適正手術に努めています。最近は癌以外の胃腫瘍に腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)も取り入れ、より低侵襲治療を進めています。
術後の化学療法は、進行度に応じて施行するかどうかを決定します。仮に手術対象にならない進行再発胃癌症例でも、東北大学腫瘍内科学講座教授をはじめとした化学療法に特化したエキスパートが定期的に外来を開いており、最新の化学療法メニューを使って、治療にあたります。

2)大腸癌
最新の大腸癌治療ガイドラインに従って、術式を決定します。大腸癌については進行癌でも、腹腔鏡手術の適応を広げております。大規模試験で腹腔鏡手術は開腹手術を遜色ない治療成績であることが証明され、患者さんにとってより優しい治療を優先して行います。仮に肝転移、肺転移があっても切除可能であれば、化学療法後切除が基本方針で、肝転移切除にも腹腔鏡補助手術を取り入れ、低侵襲切除を目指しています。また、肺転移切除は、ほぼ全症例で胸腔鏡下切除を行っています。
また、切除不能肝転移でもラジオ波を用いた焼杓療法や化学療法、分子標的薬を使用した療法を行っています。大腸癌でも胃癌同様、東北大学腫瘍内科学講座スタッフと連携をとり、最新の化学療法を行っています。

3)食道がん
最新の食道がん診断・治療ガイドラインに従い、内視鏡治療、手術治療、化学放射線療法を行っています(内視鏡治療は消化器科で施行します)。食道がん手術治療は、首、胸、腹の3領域に手術操作が及ぶため、消化器外科手術の中でも最も大きな手術の一つになります。食道がんでは、手術による体への負担が非常に大きいため、手術前から呼吸訓練や適切な栄養摂取を行い手術に備えることが重要になります。当院では、食道がん手術による体力低下の予防のため、手術前からの積極的な呼吸訓練、栄養管理を行っております。
また、当院では、手術の負担を軽減するために胸腔鏡(細いカメラ)を用いて小さい傷で食道切除術(胸腔鏡下食道切除術)を施行しており、手術後の疼痛軽減や呼吸機能低下の防止に努めております。
進行した食道がんに対しては、手術前に抗癌剤治療を併用(術前化学療法)した手術や、がんを完全に消すことを目的とした根治的化学放射線治療(抗癌剤と放射線治療を組み合わせた治療)を施行しております。

4)肝癌、転移性肝癌
最新の肝癌診療ガイドラインに従い、治療を進めています。原発性肝癌の基礎となることの多いウイルス性肝炎については、消化器内科医師が積極的にウイルス治療や、早期の癌への塞栓療法を行っており、手術適応を厳密に判断しています。手術適応症例においてはCT,MRI,アシアロシンチ、ICG検査等で切除後の残肝予備能を推定してから、切除を施行しており、かなり大きな肝切除症例でも最近5年間の術後肝不全発生例はありません。
手術においては、CUSA、サンダービート、IO電極、マイクロ波凝固装置、アルゴンビーム凝固装置等の最新止血機器をそろえ、また、腹腔鏡技術を駆使して、従来開胸まで含めた大切開の肝切除から、より小切開の肝切除を行うことが出来るようになり、患者さんに優しい低侵襲手術を心がけています。

5)胆道癌、膵癌
最新版の胆道癌診療ガイドライン、膵癌診療ガイドラインに従い、治療を行います。これらの癌手術は非常に複雑で、高度な手術技能が必要ですが、当院外科には肝移植経験をもつスタッフをそろえており、肝胆膵外科においても経験豊富です。膵頭十二指腸切除というこれら癌に対する主要手術において、2011年から始まった全国症例登録データ(NCD)では、手術関連死亡率は2.9%という報告ですが、当院はこの5年間手術関連死亡症例は0です。
また、これらの癌は手術だけでは治癒できない症例も多数いることが知られており、化学療法や放射線療法も追加した集学的治療法の必要性が提唱されています。当院は化学療法スタッフ、放射線治療スタッフも充実しており、手術を含めたこれらの治療を的確に組み合わせることで、患者さんの予後を改善します。

6)胆石症
最も多い消化器手術疾患である胆嚢結石、胆嚢炎、胆嚢ポリープの治療は腹腔鏡下胆嚢摘出術を基本としています。最近数年の腹腔鏡下手術率は90~95%で他施設に劣らない内容です。また、胆嚢炎、胆管炎診療ガイドライン(TG2013)に沿った治療に対応し、胆嚢炎症例でも、全身状態が許せば緊急腹腔鏡手術による早期治療を行っております。

7)虫垂炎
腹腔鏡で施行することを基本とし、以前、小児の虫垂炎を中心に行っていた、単孔式虫垂切除(穴1つでの手術)を、成人にまで拡大し施行しています。膿瘍を形成した症例にも可能であれば、保存治療で膿瘍を縮小させ、より切除創の小さい待機的腹腔鏡下虫垂切除を目指しています。

8)乳癌
当院は、岩手県に3病院しかない乳癌認定施設の1つであり(他は岩手医大と県立中央病院)、乳癌専門医をはじめとする乳癌の各部門のエキスパートが常勤しております。また、月2回東北大学より准教授か助教授が乳腺外来のために来院し、難しい症例に対して診察を行っております。また、准教授は、日本の乳癌治療のガイドライン作成にも携わっており、当院は完全に乳がん診療ガイドラインに従った診療を行っております。さらに乳癌の認定看護師も常勤しており、豊富な知識で患者さんの手助けとなっております。  
乳癌の診断に関しては、マンモグラフィーと超音波検査が重要です。マンモグラフィーを読影する医師はAランクを持っている医師が2人、撮影をする放射線技師はAランクを持っている技師が2人います。このうち1人は女性放射線技師であり、他にBランクを持っている女性放射線技師が2人おり、希望者には女性放射線技師が撮影を行います。1人で判定ができる超音波検査B以上を持っている女性検査技師が2名、医師が1名おり、誤りのない診断を行っております。さらに、マンモグラフィーは2次チェックを東北大の准教授か助教授をまじえて外科医全員で行うこととし、見落としをできるだけなくすように努めております。マンモグラフィーと超音波検査は、すべてそれぞれのガイドラインに従って判定し、さらにH27年に発刊された『マンモグラフィーと超音波検査の総合判定マニュアル』に従って判定を行っております。  
乳癌の手術に関しては、部分切除が多くなってきており、部分切除に欠かせない迅速診断(手術中に断端に癌がないかを診断する)を非常勤の病理医に来ていただいて行っております。病理医による顕微鏡による迅速診断をやらないと肉眼所見だけでは癌を取り残すことが多くなるからです。さらに、最初に転移するリンパ節を生検して転移がなければ、腋窩リンパ節郭清を省略するセンチネルリンパ節生検を行っております。この方法を色素法だけでやる病院が多いのですが、当院では色素+RI法で行っております。これにより術前に投与したRIをガイガーカウンターで拾うことができ、どこにセンチネルリンパ節があるかを皮膚の上からわかるために皮膚切開が小さくてすみます。また、RIを注入した後、シンチグラフィーを撮影することにより術前にセンチネルリンパ節が何個あるか、どこにあるかがわかり、2個以上あった場合の取り残しがなくなります。さらに、当院では乳房再建を望む方のために人工乳房に保険が効く施設認定の申請を今年行う予定です。  
また、ガイドラインに従えば、ほとんどの浸潤癌に対し、放射線治療が必要となってきます。放射線治療を省略することにより、死亡率が高くなるのは大規模臨床試験からも明らかになっています。放射線療法は手術後の補助療法としてだけでなく、進行再発乳癌に対しても必要なアイテムです。H27年より放射線治療医が常勤となり、副作用の少ない放射線照射装置で放射線治療を行っています。  
また、乳癌は浸潤癌(早期癌でない癌)の場合、血管やリンパ管に入って全身に広がる転移が起こりやすく、浸潤癌である乳癌は見つかった時にはすでに全身病といわれています。昔は、小さな乳癌は手術で取れば治るといわれていたのですが、実際行ってみると小さな癌でも多くの遠隔転移再発が見られることがわかったためです。よって、手術や放射線療法といった局所の治療だけでは癌を完全に治療できていないことがわかり、全身療法が必要であるということになりました。全身療法には化学療法(抗癌剤)、ホルモン療法、分子標的療法があります。これらをどう組み合わせるか、どの抗癌剤を先に使用するかは、乳癌の組織標本から得られるサブタイプと毎年様々な結果が出る大規模臨床治験から判断されます。これらの結果をいち早く取り入れることも専門医の仕事ですし、それに対する副作用を防ぐことも専門医、化学療法認定看護師の仕事として日夜励んでおります。さらに、重篤な副作用が出る抗癌剤に対して癌化学療法認定薬剤師が常勤しており、化学療法を始める前に患者さんに薬の説明を行い、また薬に関して誤った使い方をされないように厳重に管理しております。さらに当院では抗癌剤のレジメンを登録制にして、体重により抗癌剤の量をコンピューターが計算するレジメンシステムを導入しており、これにより誤った抗癌剤投与が皆無となっております。

9)甲状腺癌
最新の甲状腺腫瘍診療ガイドラインに従い、治療を行っております。甲状腺は血流に富んだ組織により、他の癌のように組織診ができないため、細胞診で良、悪の判断を行っています。しかし、細胞診で甲状腺癌疑い、または確定であっても、誤診のことがあるため、必ず病理医による術中迅速診で組織診断を行い、癌であるかどうか確認してから癌の手術を施行しています。癌の手術とは、癌のあった側の甲状腺を切除後、同側の頸部リンパ節郭清を行うことであります。このとき、甲状腺の裏側にある副甲状腺が血流の関係上残せないことがあり、この場合は摘徐後細切して自家移植しています。
さらに、東北で4施設しかない、外来131-Iアブレーション可能施設を取得しており、甲状腺癌術後に放射性ヨードにて外来アブレーション治療(放射線ヨードで甲状腺癌細胞を焼いてしまう治療)が当院では可能であり、甲状腺癌の再発に努めております。
また、以前はHigh dose シンチ検査施行時に甲状腺ホルモンを中止せねばならず、患者さんの大変な負担となっておりましたが、現在当院はTSHリコンビナントであるタイロゲンの使用可能施設登録をしており、患者さんに負担をかけることのなくHigh dose シンチ検査や外来アブレーションが可能です。

10)成人ヘルニア
腹筋の緊張による疼痛がほとんどなく、再発が少ないダイレクトクーゲル法、メッシュプラグ法を用い、1泊2日かまたは2泊3日の短期滞在手術に対処しています。希望によっては局所麻酔使用による日帰り手術も行ないます。

11)小児ヘルニアおよび他の小児外科手術
小児のヘルニアも基本は1泊2日の短期滞在手術です。両親の希望によっては、日帰り手術にも対応しています。また、月2回、小児外科専門の島岡医師(岩手県立中央病院)が診察と手術を行っています。生後間もない低体重児のヘルニア嵌頓や腸重積などの、困難な小児外科救急疾患でも岩手県立中央病院と密に連携をとっており、即座の搬送が可能で、患者、家族にとって安全な治療を提供できます。

12)動脈疾患
①閉塞性動脈硬化症(ASO, PAD):  
年齢のせいと思われている足の痛み、この病気かもしれません。下肢虚血(血液のめぐりが悪い状態)による間欠性跛行(ある程度歩くとしびれたり筋肉痛が出る)の場合、日常生活への悪影響の程度を判断し、まず薬物治療を開始、禁煙指導もあわせて行います。同時にCTなどの画像診断によって責任病巣を把握し、必要に応じて併存疾患(特に虚血性心疾患)の評価を行い、リスクが許容できる場合にはバイパス手術や血管内治療(PTA、ステント)を検討します。  
より虚血の重篤な安静時疼痛・潰瘍形成の場合には、薬物治療に加え積極的にバイパス手術やPTA、またこれらのハイブリッド治療を考慮します。  
以上の治療にもかかわらず救肢しえない場合は、救命のため切断術を行わざるを得ない場合もあります。
②糖尿病性足病変:  
糖尿病を患っている方の足の潰瘍や壊疽が最近非常に増えています。上記ASOが原因であったり、また血の巡りが良くても神経障害が原因で傷が悪化している場合もあり、複雑な病態であることが多いです。  
当科では、傷・壊疽ができた原因を精査判断し、上記ASOに対する治療や特殊な創傷治癒の方法を用いて足を大切断(膝付近での切断)から守るべく診療にあたっています。
③腎動脈下腹部大動脈瘤:  
ほぼ無症状の病気です。他の病気の検査で偶然見つかることが多いです。画像診断にて瘤が小さい場合(概ね5cm未満)は、USやCTによる定期外来フォローを行い、経過を見ていきます。破裂の危険が高いとされる・瘤の増大速度が速い場合や・径5cmを超えた場合は、手術を考慮します。年齢や合併症によっては、より大きな径になるまでフォローを続ける場合があります。  
また当院では施行できませんが、東北大学病院などと連携をとり、より低侵襲なステントグラフト手術を依頼することができます。
④急性動脈閉塞  
不整脈(心房細動)に伴い発症する塞栓症が疑われる場合は、緊急塞栓除去術を行います。ASOが基礎にある場合は、薬物療法を行い、効果不十分の場合にはバイパス術などを検討します。

13)静脈疾患
下肢静脈瘤:  
一次性の場合は、まず弾性ストッキング着用による保存的治療を開始し、経過を見ながら手術すべきか判断します。皮膚変化(うっ滞性皮膚炎、静脈性潰瘍)を認める場合には積極的に手術(選択的ストリッピング、不全穿通枝結紮など)を行います。(なお、レーザー焼灼術については、適応と考えられる方は施行施設への紹介をいたします。)

14)痔、肛門疾患
旧来の痔核切除は術後の疼痛が長く、つらい思いをする患者さんもいましたが、当院では内痔核硬化療法(ジオン四段階注射法)を用い、1泊2日の入院の上、注射で痔を直すことを基本としています。疼痛がほとんどなく、治癒率も高く、仮に再発しても何度でも治療が可能です。

週間予定

ブロックB

外科【予約制】

  午前
午後
備考
a 午前 佐藤耕一郎 佐藤耕一郎 佐藤耕一郎 伊藤想一 三浦佑一  
b 桂一憲 (応援:東北大学) 橋本壮平 桂一憲 (応援:東北大学)
c 橋本壮平 伊藤想一  上村卓嗣 上村卓嗣
d 阿部隆之 三浦佑一 阿部隆之
内痔核硬化療法
・がん化学療法一般
午前 加藤博孝 加藤博孝 加藤博孝  

ストーマ外来

午後 第1火曜・第3月曜日
第2・第4木曜日診療

乳腺

外来

午後 石田孝宣
(応援:東北大学)
第1木曜日
及び
第3火曜日診療
宮下 穣
(応援:東北大学)

小児

外科

午後 島岡理
(応援:中央病院)
第2及び
第4火曜日診療

診療実績

2015年手術件数(2015.1-2015.12):742件

※以下、主なものについて表示する

区分 件数 区分 件数
◆成人ヘルニア【15歳以上】 77 ◆食道がん 3
◆小児ヘルニア 15 ◆胃がん 49
◆内分泌 21
-全摘 21
-甲状腺悪性腫瘍 9 -亜全摘(腹腔鏡) 20
-甲状腺良性腫瘍 12 -部分切除 4
◆乳腺 40 -その他(GIST) 4
-乳がん(温存) 17 ◆膵臓 6
-乳がん(全摘)

20

-膵頭十二指腸切除 6
-乳がん(その他) 2 -膵臓良性 0
-良性 1 ◆肝臓 16
◆呼吸器 5 -区域切除 7
◆血管 36 -部分切除 5
-AAA 2 -葉切除 4
◆胆摘(腹腔鏡) 88 ◆結腸がん(腹腔鏡) 20
◆虫垂切除(腹腔鏡) 35 ◆直腸がん(腹腔鏡) 9
◆汎発性腹膜炎 35    
       
       

スタッフ紹介

医師名 役職 卒業年 主な資格等 専門分野

 

 

 

加藤 博孝

(かとう ひろたか)

 

 

 

院長兼がん化学療法科長兼ヘルニア外科長兼肛門外科長兼花泉地域診療センター長

 

 

 

 

1980年

日本外科学会 外科認定医・専門医・指導医

ICD制度協議会 ICD(感染コントロールドクター)

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 マンモグラム読影B1

緩和ケア指導医

岩手医大臨床教授

東北大臨床教授

医学教育学会代議員

一関市医師会副会長

両磐地域災害医療コーディネーター

日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医

医学博士

消化器外科

ヘルニア手術

消化器癌

化学療法

緩和ケア

感染管理

内痔核硬化療法

 

 

 

佐藤 耕一郎

(さとう こういちろう)

 

 

 

副院長兼乳腺外科長兼内分泌外科長

 

 

 

1984年

日本外科学会 外科認定医・専門医・指導医

日本消化器外科学会 消化器外科認定医・専門医・指導医・消化器癌治療認定医

日本甲状腺外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医

日本乳癌学会 認定医

日本乳腺学会 専門医

ICD制度協議会 ICD(感染コントロールドクター)

日本クリニカルパス学会パス認定士

医学博士

消化器外科

移植外科

乳腺甲状腺外科

肝胆膵外科

 

阿部 隆之

(あべ たかゆき)

 

第1外科長兼内視鏡外科長

 

1992年

日本外科学会 外科認定医・外科専門医

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 マンモグラム読影A

日本静脈経腸栄養学会 認定医

医学博士

消化器外科

内視鏡外科

移植外科

桂 一憲

(かつら かずのり)

第2外科長

 1998年

日本外科学会 外科認定医 外科専門医

医学博士 

消化器外科

上村 卓嗣

(うえむら たくじ)

 

消化器外科長

 

1999年

日本外科学会 指導医

外科認定医、外科専門医

日本消化器外科学会 指導医

化器外科専門医 

消化器がん外科治療認定医

医学博士

消化器(食道)外科

内視鏡外科

三浦 佑一

(みうら ゆういち)

外科医長

2004年

日本外科学会 外科専門医

医学博士

移植外科

伊藤 想一

(いとう そういち

外科医長

2005年

日本外科医学会 外科専門医 

医学博士

一般外科

橋本 壮平

(はしもと そうへい)

医師

 2014年

   

佃 和彦

(つくだ かずひこ)

臨時医師