皮膚科

皮膚科

特徴

先端医学技術を駆使して診断にあたる時代ですが、皮膚疾患の診断は ’百聞不如一見’ まずは目で診て、手で診る(触れる)、耳で診る(聞く)、 あるいは嗅いでもみるという五感が最たる診察道具です。生まれてから人生を全うするまでのあらゆる年齢層の頭のてっぺんから、足のつま先までの皮膚病変を扱います。
外来ではアトピー性皮膚炎、接触皮膚炎などの湿疹皮膚炎、天疱瘡、類天疱瘡などの水疱症、皮膚悪性腫瘍、伝染性膿か疹、帯状疱疹、カポジ水痘様発疹症などの感染症、全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎などの膠原病、さらには乾癬、薬疹、脱毛症、真菌症など多岐にわたる皮膚科全般疾患を診療します。薬物療法の他に紫外線療法、アレルギー検査、皮膚生検など随時行っています。

診療実績

検査種類
真菌,虫体の顕微鏡検査, 貼付試験,皮膚病理組織学的検査(皮膚生検)
入院患者病名
ウィルス性感染症(帯状疱疹,成人水痘),湿疹・皮膚炎群,中毒疹・薬疹
患者数(2015年)
1日平均外来患者数 33.6人
1日平均入院患者数 1.0人
2016年に継続治療又は診断された症例
有棘細胞癌 18
悪性黒色腫 12
その他皮膚のがん(基底細胞癌・Paget病など)

11

診療予定表

ブロックC

皮膚科

  午前
午後
備考
午前  濱端明海 濱端明海 濱端明海 濱端明海 濱端明海 火曜日・水曜日は予約患者のみ診療
山本千秋
(弘前大学) 
山本千秋
(弘前大学) 
学生外来
15:00~16:00 
午後 濱端明海 ―  ―  ―  小学生から高校生までの再来患者 

 

スタッフ紹介

医師名 役職 卒業年 主な資格等
濱端 明海
(はまばた あけみ)
皮膚科医長
 2010年