病院指標

病院指標

令和3年度 岩手県立磐井病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数    ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 592 147 130 266 412 537 1,051 1,666 1,396 398
当院は地域医療支援病院であり、幅広い年齢層の患者さんを診療しています。高齢化の影響もあり、60歳代以上の患者さんの割合が高く全体の約68%を占めています。
 また、県南唯一の母子周産期病院として岩手県南から宮城県北の広い医療圏を有していることもあり、10歳未満の患者さんが約9%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 109 3.26 3.30 0.00 73.91  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 41 13.00 18.42 0.00 75.10  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 38 13.87 13.12 0.00 76.37  
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし 18 13.72 16.18 0.00 75.33  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 13 9.69 9.07 0.00 67.00  
呼吸器内科では、肺がんの診断のために気管支鏡検査を実施する症例が最も多く、予定入院は1泊2日で行っています。肺がんの一時的な症状悪化や、化学療法での入院も多い状況です。
また、間質性肺炎に対するステロイド治療、がんや細菌による胸膜炎等に対するドレーン治療も行っています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 286 4.19 2.65 0.35 67.59  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 106 8.57 9.21 3.77 77.63  
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 63 7.92 7.96 0.00 75.84  
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 55 7.04 6.78 0.00 68.55  
060035xx97x0xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 33 9.67 13.76 6.06 77.88  
消化器内科では、大腸ポリープ等に対して内視鏡的手術を実施する症例が最も多く、予定入院は2泊3日となっています。胆管結石や胆管炎に対して内視鏡的手術を実施する症例も多い状況です。また、胃や結腸の早期がんに対する内視鏡的手術も行っています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 85 14.66 17.35 4.71 76.13  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 9.15 11.87 0.00 72.25  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 48 3.25 3.06

4.17

70.04  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 46 8.80 10.24 4.35 80.98  
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 34 18.47 18.68 14.71 81.06  
循環器内科では、心不全の症例が最も多く、血管拡張剤や利尿剤での治療を行っています。高齢の方が多く在院日数が長いですが、全国平均よりは短い状況です。狭心症や心筋梗塞で心臓カテーテル検査を実施する症例も多く、予定入院は1泊2日または2泊3日で実施しています。心筋梗塞や狭心症に対するカテーテル手術、洞不全症候群や房室ブロック症例のペースメーカー移植・交換手術も行っています。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 208 5.75 5.83 0.00 1.24  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 68 5.15 6.24 0.00 2.84  
030270xxxxxxxx 上気道炎 48 4.98

4.78

0.00 2.02  
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 5.05 5.53 0.00 2.30  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 23 5.91 3.83 0.00 1.65  
小児科では、気管支炎や上気道炎等の急性疾患、喘息等が多く、主に抗菌薬や抗生剤点滴等による治療を行っています。ウイルス性腸炎や熱性けいれんでの入院も多い状況です。
地域周産期母子医療センターとして新生児医療でも一定の役割を担っています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 83 3.86 4.74 0.00 71.31  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 5.48 7.11 0.00 63.18  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 6.55 9.00 7.84 71.94  
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 50 13.70 15.76 4.00 73.18  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周辺膿瘍を伴わないもの等 28 4.54 5.40 0.00 36.04  
外科では、鼠経ヘルニアに対して手術を実施する症例が最も多く、主にメッシュプラグを用いた根治手術を行っています。胆嚢炎に対する腹腔鏡手術や、腸閉塞の保存的治療を行う症例も多い状況です。また、内視鏡手術が不可能な結腸がんや、虫垂炎(盲腸)の腹腔鏡または開腹手術も行っています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 160 20.04 25.32 74.38 85.20  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 36 18.56 20.63 2.78 67.64  
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟上骨を除く。)、足、指(手、足)その他等  28 22.79  18.36  21.43  53.46   
070343xx02x0xx 脊柱管狭窄症(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 内視鏡下椎弓切除術等 手術・処置等2なし 26 10.65 12.14 7.69 72.23  
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)頸部脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は他椎弓の場合を含む。)前方椎体固定等 手術・処置等1なし 24 13.54 19.76 33.33 72.38  
整形外科では、大腿骨頸部・転子部骨折に対して骨折部や関節部の接合手術を実施する症例が最も多く、リハビリ目的の転院も多い状況です。大腿骨頭壊死や変形性股関節症に対して人工関節再置換術を実施する症例や脊柱管狭窄症の内視鏡的また観血的手術の症例も多い状況です。また、足関節やの踵骨の骨折に対する観血的手術を小児から高齢の方まで幅広く行っています。
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 13 3.08 4.66 0.00 46.46  
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり 48.20  
160200xx0200xx

顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)鼻骨骨折整復固定術等手術・処置等1なし 手術・処置等2なし

5.16  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 2.94 - -  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 13.07 - -  
形成外科では、骨軟部の良性腫瘍に対して膿瘍切除・摘出術を実施する症例が多くなっています。鼻骨骨折整復固定術、糖尿病壊疽に対する手術や、まぶたの下垂症に対する吊り上げ術、膿皮症の治療も行っています。 
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「ー」表示)
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 47 4.02 9.78 6.38 78.57  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 17.61 18.90 74.19 68.42  
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 25 15.04 22.42 60.00 74.52  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 13.39 8.30 47.83 66.87  
010010xx9900xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 10.65 - -  
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫等に対する手術を実施する症例が最も多く、脳挫傷等の保存的治療を行う症例も多くなっています。また、脳内出血(被殻出血、視床出血等)の保存的治療も行っており、リハビリ目的の転院も多い状況です。
※該当患者数が10未満の場合は、各指標を非公開としています。(「-」表示)
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 63 7.81 6.04 0.00 43.65  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 50 7.12 6.11 0.00 39.94  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等手術・処置等2なし 33 3.52 3.05

0.00

39.45  
120140xxxxxxxx 流産 20 2.30 2.44 0.00 36.20  
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 19 8.58 11.16 0.00 31.47  
産婦人科では、卵巣や子宮の良性腫瘍(筋腫・嚢腫等)に対する腹腔鏡手術を実施する症例や子宮の悪性腫瘍に対して切除術を実施する症例が多くなっています。自然流産(主に稽留流産)や子宮外妊娠、子宮内膜症に対する手術、妊娠合併症の治療も行っており、地域周産期母子医療センターとして一定の役割を担っています。
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 132 2.00 2.71 0.00 75.44  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - 4.83 - -  
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし - - 10.50 - -  
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -  
160250xxxx1xxx 眼損傷 手術・処置等1あり - - 8.57 - -  
眼科では、ほとんどが白内障の手術症例で主に水晶体再建術(眼内レンズの挿入)による視野回復の治療を1泊2日で行っています。
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」表示)
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 6.83 6.47 0.00 56.31  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 27 10.33 7.84 0.00 21.37  
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 24 6.29 7.09 0.00 54.92  
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 18 8.22 8.50 0.00 52.00  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 5.18 5.71 0.00 41.47  
耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎に対して内視鏡手術を実施する症例が最も多くなっています。慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する手術、扁桃炎や扁桃肥大に対する摘出手術、顎下腺・耳下腺の腫瘍摘出手術の症例も多い状況です。扁桃炎の抗生剤治療や、副鼻腔のう胞に対する内視鏡手術も行っています。
脳神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 49 12.39 15.57 40.82 74.02  
010060x2990401

脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale0、1又は2

23 13.87 15.63 47.83 70.87  
010060x2990301 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 14.32 17.99 54.55 70.77  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 7.83 7.22 5.56 74.11  
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし15歳以上 14 15.43 16.74 42.86 55.50  
脳神経内科では、脳梗塞に対して投薬や点滴による抗凝固療法や、脳血栓の溶解治療を行う症例が多い状況です。急性期治療後のリハビリを目的とした転院も多くなっています。てんかんや、髄膜炎・脳炎の点滴治療も行っています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 84 2.02 2.50 0.00 72.07  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 59 5.54 5.56 0.00 61.71  
110070xx02xxxx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿動的手術+術中血管等描出撮影加算 28 6.54 7.05 0.00 71.46  
110310xx99xxxx

腎臓又は尿路の感染症 手術なし

16 8.94 13.14 6.25 74.94  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - - 8.23 - -  
泌尿器科では、前立腺がんの診断のために針生検法を1泊2日で実施する症例が最も多く、経尿道的にレーザーで尿路結石を破砕する手術を実施する症例も多い状況です。膀胱がんに対しては、がんの位置を可視化する薬剤を使用した内視鏡的腫瘍切除術を多く行っています。腎盂腎炎など感染症の抗生剤治療、前立腺肥大症を経尿道的レーザーで切除手術も行っています。
※該当患者数が10未満の場合は、各指標を非公表としています。(「-」表示)
救急科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 24 9.58 13.14 8.33 80.42  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 3.55 3.70 13.64 64.91  
0400801499x002

肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROPスコア2

20 8.95 15.86 15.00

84.05

 
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし、定義副傷病なし 20 4.50 6.45 0.00 74.20  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 19 13.95 20.57 26.32 81.32  
救急科では、尿路感染症や腎盂腎炎の抗生剤治療が最も多くなっています。薬物中毒や蜂刺されによるアナフィラキシーショック、夏季の熱中症や冬季の低体温症にも救急対応しております。高齢の方の肺炎・誤嚥性肺炎も多く、抗生剤治療とリハビリなどを行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 72 - - 25 46 1 8
大腸癌 38 32 50 27 66 12 1 8
乳癌 20 12 - - - - 1 8
肺癌 - - 14 14 163 16 1 8
肝癌 11

- 27 21 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、診断から治療まで幅広く行っています。緩和医療科があり終末期医療を行っているため、StageⅣの患者割合が高くなっています。
がんの治療は内視鏡的手術、外科手術、放射線治療、化学療法等を集学的に行える体制となっています。

※患者数は延べ患者数です。
※初発とは、診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合の入院を指します。
※再発とは、初回治療後の継続治療や治療寛解後に再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合の入院を指します。
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「ー」表示)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 8.33 55.80
中等症 90 11.41 79.14
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、医療機関以外で生活を送っている成人の方が発症した肺炎です。
高齢の患者さんほど重症度が高く、重症度が高いと在院日数も長い傾向です。
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」表示)
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
- 191 14.10 76.99 49.74
当院では、ほとんどの患者さんが発症から3日以内に治療を受けられています。
急性期治療後はリハビリ継続目的の転院が多く、転院率が高めとなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 272 1.08 2.05 0.37 67.61  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 90 1.59 6.24 6.67 77.93  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 72 1.13 4.67 0.00 68.18  
K654 内視鏡的消化管止血術 63 1.43 6.46 6.35 73.44  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 62 1.03 5.94 0.00 75.90  
1番目は、大腸・結腸の粘膜に発生したポリープや腺腫を内視鏡的に切除する手術です。
2番目は、流れが悪くなり胆管にたまった胆汁を排出するため、胆管の閉塞部にステントを挿入する手術です。
3番目は、大腸の早期がんを粘膜下層まで内視鏡的に切除する手術です。
4番目は、胃・十二指腸潰瘍等による出血を内視鏡的に止血する手術です。
5番目は胃・十二指腸潰瘍の早期がんを粘膜下層まで内視鏡的に切除する手術です。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 36 1.39 7.67 2.78

80.64

 
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 32 0.00 8.50 0.00 72.88  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 22 2.36 9.27 0.00 72.95  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 19 0.00 13.42 10.53 71.37  
K597-2 ペースメーカー交換術 11 0.09  1.27 0.00 82.09  
1番目は不整脈を治療するためのペースメーカーという装置を植え込む手術で、5番目はペースメーカーの電池を交換する手術です。 
2~4番目は大腿部等から血管内にカテーテルを挿入し、冠動脈の狭窄部にステントを留置して血流を回復させる手術です。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 71 1.15 1.69 0.00 62.28  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 1.01

3.75

0.00 62.94  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 40 2.33 10.73 0.00 71.03  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 30 0.37 3.23 0.00 38.50  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1.09 1.78 0.00 66.70  
1番目は鼠径ヘルニア(脱腸)に対する網状の人工材料(メッシュ)を使用した手術です。
2番目は胆のう炎や胆のう結石に対し腹腔鏡を用いて胆のうを摘出する手術です。
3番目は内視鏡的手術適応外の結腸がんに対し腹腔鏡を用いて切除する手術です。
4番目は虫垂炎(盲腸)に対し腹腔鏡を用いて虫垂を切除する手術です。
5番目は直腸がんに対し腹腔鏡を用いて切除する手術です。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 126 4.44 13.31 69.05 82.66  
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 58 1.78 17.12 1.72 70.48  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 54 2.94 7.87 12.96 62.00  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 46 4.78 13.07 69.57 83.30  
K131-2 内視鏡下椎弓切除術 37 1.22 8.00 8.11 71.16  
1~4番目は高齢の方の転倒に多い大腿骨頸部・転子部骨折や前腕骨折等に対する骨接合術で、リハビリ目的の転院も多くなっています。
5番目は主に脊柱管狭窄症に対して、内視鏡的に椎弓を切除する手術です。
 
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 44 0.32 2.14 6.82 80.20  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術  その他のもの - - - - -  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -  
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -  
1番目は慢性硬膜下血腫に対して、頭に小さな穴を開けて硬膜下にできた血腫を吸引し、洗浄除去する手術です。
2番目は脳動脈瘤の頸部にクリップをかける手術です。
3番目は髄膜腫等の腫瘍摘出手術です。
4番目は頭部外傷や脳卒中によって発症する脳内血腫の除去手術です。
5番目は水頭症に対するシャントバルブを用いた手術です。
 ※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」表示)
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 59 1.14 6.19 0.00 46.66  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 55 1.11 5.24 0.00 40.07  
K867 子宮頸部(膣部)切除術 32 1.00 1.53 0.00 39.78  
K861 子宮内膜掻爬術 22 0.14 0.95 0.00 53.09  
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 17 0.00 1.06 0.00 36.41  
1番目は主に子宮筋腫に対し、腹腔鏡下に子宮を摘出する手術です。
2番目は主に卵巣の良性腫瘍に対し、腹腔鏡下に腫瘍を摘出する手術です。
3番目は主に子宮頸部異形成に対して子宮膣部ないし頸部を切除する手術です。
4番目はキューレットを用いて子宮内膜を掻爬する手術で、主に子宮内膜増殖症に対して実施しており、
子宮体癌の診断や治療のために実施することもあります。
5番目は流産に対して、専用の吸引器に真空状態を作りカニュレで子宮内容を吸引除去する手術で、
主に妊娠11週までの自然流産に対して行っています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 134 0.00 1.00 0.00 75.43  
K279 硝子体切除術 - - - - -  
K239 眼球内容除去手術 - - - - -  
1番目は主に老人性白内障に対して、水晶体を摘出後、水晶体嚢内に眼内レンズを挿入する手術です。1泊2日で計画的に行っています。
2番目は、硝子体脱出に対して、前部硝子体カッターを挿入し、眼内を灌流しながら硝子体を切除吸引する手術です。
3番目は眼球損傷等で視力回復の可能性がなく、眼球の刺激症状が強い場合に眼球の内容物を全て
掻き出す手術です。
 ※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としております。(「-」表示)
耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 28 1.00 8.46 0.00 21.79  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.25 4.55 0.00 61.10  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 16 1.00 4.88 0.00 53.94  
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術 14 0.93 3.21 0.00 58.43  
K368 扁桃周囲腫瘍切開術 12 0.00 4.42 0.00 49.33  
1番目は主に慢性扁桃炎に対し、口蓋扁桃を摘出する手術です。
2・3番目は主に慢性副鼻腔炎に対する内視鏡的手術で、炎症等により狭窄・閉鎖された副鼻腔の自然口が大きく開大して病的に肥厚した粘膜を切除するものです。
4番目は慢性化膿性中耳炎や真珠腫性中耳炎の病巣を除去するとともに、聴力を改善する手術です。
5番目は扁桃周囲の腫瘍を切開して膿を排出する手術です。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 61 1.15 3.34 0.00 62.13  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 38 1.11 4.89 0.00 70.76  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 0.73 7.73 4.55 66.64  
K6121イ

末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの

- - - - -  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) - - - - -  
1番目は腎・尿管の結石に対し、内視鏡下にレーザーで結石を破砕しバスケットカテーテルで摘出する手術です。
2番目は早期の膀胱がんに対し、内視鏡下に腫瘍を切除する手術です。
3番目は水腎症や尿管狭窄に対し、経尿道的に拡張したり尿管内から切開したりして、ステントを留置する手術です。
4番目は血液透析を行うためのシャント(動脈と静脈を縫い合わせた血管)を造る手術です。
5番目は前立腺肥大症に対し、内視鏡下にレーザーを照射して前立腺腺腫を核出する手術です。
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」表示)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる 27 0.41
180010敗血症同一 19

0.29

異なる - -
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 21 0.32
異なる - -
◆播種性血管内凝固症候群:感染症等によって起こる、全身性の重症な病態です。
◆敗血症:感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。
◆真菌症:真菌による感染症です。
◆手術・処置等の合併症:手術や処置に一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染等が挙げられます。
 合併症は、どのような術式でもどのような患者さんでも、一定の確率で起こり得るものであり、医療ミスとは異なります。

上記傷病を発症した症例数と発症率、また入院の契機病名とDPC病名が「同一」か「異なる」かに分類した集計となっております。
 ■「同一」はある病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行った場合を指します。
 ■「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気を発症したことにより、その治療が主となった場合を指します。
※該当患者数が10未満の場合は、患者数を非公表としています。(「-」表示)
 
更新履歴
令和4年9月22日
令和3年度病院指標を公開