先輩研修医からのメッセージ

先輩研修医からのメッセージ

時に忙しく働き、時に遊び、時には海外逃亡を
院の規模として医師や看護師さん、技師さんなどの距離が近く、気軽にお願いができたり、たくさんのことを教わることができる雰囲気がとても居心地が良く、磐井病院を研修先に選びました。また、積極的に手技をやらせようという方針も選ぶポイントとなりました。
磐井病院での二年間はあっという間で、とにかく駆け抜けたという感じです。働き始めたときは、病院に慣れるので精一杯でしたし、ローテートした科ごとに勉強することがたくさんあり、いつの間にか時間が過ぎていました。緊急手術や病棟での患者さんの急変時などが重なったときには、かなりヘロヘロになりましたが、適宜当番を免除してもらったりしながら休みも確保できました。そして、夏休みは毎年海外逃亡をさせてもらい、普段は忙しい反面、おもいっきりリフレッシュすることもできました。
学生の間は人生経験を豊富にするためにもたくさん遊んでほしいと思います。そして、国家試験が終わり、医師としてのスタートラインに立ち、初期研修の二年間はおもいっきり仕事に打ち込める当院のような環境で、私たちと一緒に医師としての経験を積みましょう!


 
確かな指導に支えられながらしっかり経験

 私の大学は5年生の時に関連病院で実習する機会が何度もあったため、研修の候補と考えていた病院を積極的に選択しました。関連病院以外は部活との兼ね合いもあったため5年生の冬から6年生の夏にかけて見学しました。病院選びは情報誌や合同説明会の参加も大切だと思いますが、実際に見学に行って先輩研修医の話を聞き、病院の長所や短所を知ることが大切だと思います。

 その中で私が磐井病院を選んだ理由は、実際に体を動かしなから研修ができると聞いていたからです。初期研修医であったとしてもやる気があれば、例えば外科なら鼠径ヘルニアや急性虫垂炎の術者となれますし、消化器内科なら内視鏡もたくさん経験させてもらえます。決して放任されるわけではなく、じっくり指導してもらえるためとても勉強になります。自然と責任感や緊張感も出てくるためモチベーションも維持できます。


選んだ理由は見て感じた“直感“!

こんにちは!

初期研修医1年目の清水忠史といいます。

6年生のみなさんは部活にマッチング、卒業試験、国家試験・・・と悩みが多い時期ですね。

初期研修先は自由に選べる分、候補が多すぎて迷ってしまいます。将来の希望科がある程度絞れている方は、診療科や症例数、設備など考慮してイメージを持ちやすいでしょうが、そうでない方はなかなか難しい選択ですよね。

初期研修の2年間を学生の延長にはしたくない、なるべく実践的にプロの医師としての力が付くような環境を選びたいと考えていました。その上でいくつか病院見学に行きました。磐井病院を選んだ決め手は何かといえば、見学の際の研修医や指導医の先生方、スタッフのみなさんの接し方や、病院全体の雰囲気が“なんとなく”自分に合っている気がしたからです。働いてみて、“なんとなく”感じた直感の通り、みんながやさしく非常に働きやすい環境だと実感しています。近くには世界遺産に登録された平泉(中尊寺など)があり、観光地へのアクセスもよいですよ。

まずはぜひ、磐井病院の雰囲気を感じに“なんとなく”いらしてください。

スタッフ一同お待ちしております!