病院機能

病院機能

病院機能

□ 二次救急

  • 常時二次救急に対応できる施設及び人的体制を有し、必要に応じて三次救急への橋渡しを行うことを基本としま した。

□ がんの診断・治療

  • がんの診断・治療のための放射線医療の充実を図りました。
    【緩和ケア病棟】: 患者様の身体的、精神的苦痛の緩和、除去を目的として、 県内初となる緩和ケア病棟(24床:個室20床、2床室4床)を設置。

ロ リ八ビリテーション医療

  • 両磐保健医療圏での機能分担を勘案し、機能の充実を図りました。

□ 電子カルテ

  • 医療の質的向上と患者サービスの向上、医療の標準化などを目的として電子力ルテを導入。

□ 臨床研修指定病院としての機能

  • 臨床研修指定病院として、必要な施設を確保。

□ 新たに整備した主な医療器械

  • 放射線治療装置(リニアック)
  • 全身用コンピュータ断層撮1影装置64列(CT)
  • 総合血液学検査装置 リアルタイム動画遠隔顕微鏡観察システム
  • 放射線情報システム ・磁気共鳴イメージング装置1.5T(MRl)
  • 災害拠点病院用医療器械セット

□ 結核医療

  • 両磐保健医療圏に結核病棟がない現状を考慮し、結核病棟(10床)を新たに確保して、結核医療の充実を図りました。

 


放射線治療装置(リニアック)


全信用コンピュータ断層撮影装置64列(CT)




磁気共鳴イメージング装置1.5T(MRI)

 

 

 

 

 

災害に強い安心できる病院

大地震等の災害にも耐えられる建物構造・工法を採用するとともに、災害時の診療機能の確保、非常用物 資の備蓄等を想定し、施設、設備の整備しました。

□ 積層ゴムー体型免震U型ダンパー 
U steel Damping Rubber Bearing [38台]

  • 地震時に安定した復元力特性で地震エネ ルギーを吸収し、揺れを低減します。
  • 温度や振動数の依存性も少なく、繰り返 しに対する疲労特性にも優れています

 

 

□ 十字型転がり支承 [179台]

  • 水平剛性がほぼゼロとなり、大きな水平変形能力を有します。
  • 引張力にも抵抗することが出来ます。 (鉛直支持能力の1/3程度)